比較サイト制作


比較サイトを新しい集客チャネルとして捉えることで、オンライン広告市場におけるコンバージョン最大化が可能となります。
LPだけでなく比較サイトがあることによって今までと違った新たな切り口から獲得が望めるので、新規のユーザーの獲得につながります。

また、検討中のユーザーに対するアプローチも可能になるのでリテラシーが高い購買層も取り逃しません。

詳細を問い合わせる


掲載面の占有率を高められる

通常、限りある広告枠に対して同一広告主が複数の広告を掲載することはできません。

第3者運営主体の比較サイトとして広告掲載することにより市場占有率を最大限まで高めることができます。


競合他社の商標キーワードからCVが見込める

競合他社も掲載される第3者運営主体の比較サイトを誘導先とすることで、トラブルを回避しつつ、ユーザーとの認識齟齬も起こさずに良質な顕在層ユーザーを送客することが可能となります。

さらに商標名はCPCが低く、CPAも上がりにくいので低予算での成果が期待できます。


自社商標を守れるだけでなく検討中ユーザーの刈り取り効果もUP!

比較サイトがあれば自社LPとともに広告枠を埋められるので、他社の出稿を抑えることができるます。

また他社への流入を抑制するだけでなく、第3者視点の比較サイトを経由することで「迷い・疑念」が「納得・安心」となり獲得につなげることができます。


自社LPでは合わなかった比較検討キーワードで獲得が可能

比較サイトなら通常LPとは相性が悪かったキーワードからアプローチができます。

さらに比較検討キーワードで検索しているユーザーのニーズを捉えているため、リテラシーが高い比較検討層ユーザーも納得の上コンバージョンに至りやすいです。


リマケ広告を効率化!ユーザーリストを最大限活用

LPを訪問したユーザーに対して広告を配信します。

自社LPとは全く異なるインセンティブでCVする可能性が出るため、自社でのリマーケティング施策がうまくいっていない場合でも、大きくリマケ予算を伸ばしたい場合に解決策となることができます。


ページ上部へ戻る